迷惑メールが来た時の対処法は?フリーアドレス使用は不可欠!

迷惑メールがきた時の対処は?

  • 迷惑メールを開かない
    登録もしていないのに来る迷惑メール自体が違法なんです。
    違法な迷惑メールには悪意しかありません。
    開いても、いいことは何もありません。
  • 迷惑メールは読まない。
    メールを読まなかったら、被害にはあいません。
    メールの内容はウソ、詐欺まがいがほとんどです。
    芸能人からあなたにメールはこないし、何百万、何千万をあなたにくれる人はいません。
  • 迷惑メールのリンクは押さない。
    迷惑メールの「無料、プレゼント、懸賞に当選、振込がありました。」
    全て嘘です。
    迷惑メールを送ってくる時点で、違法なサイトなんです。
    違法なサイトが約束を守る訳がありません。
    迷惑メールの目的は、アドレス集め、出会い系詐欺、サクラサイトヘの誘導です。
    また、リンクにアクセスするだけで、迷惑メールが増えたりします。

メールアドレスがなんで迷惑メール業者にばれるのか?

迷惑メールが配信されるということは、はあなたのメールアドレスが業者にバレているということです。
では、業者はどうやってあなたのメールアドレスを入手したんでしょう。

可能性は4つあります。その対処法も載せておきます。

  1. あなたが、以前に不確かなサイトにメールを登録または送信をした。
    プレゼント企画、サイト利用で登録したアドレスが漏れています。
    対処法 サイト登録にはフリーアドレスを使用する。
  2. 業者がツールを使ってウエブサイト上にあるメールアドレスを収集。
    掲示板、ブロブ、コメント欄などで@のついている文字列を収集しています。
    対処法 メールアドレスは複数持ち、捨てアドを使い分ける。
  3. 業者がツールを使って、ランダムにメールアドレスを作成、送信している。
    送信可能なアドレスに迷惑メールを送ってくる。
    対処法 メールアドレスは短くせず、数字や記号も入れる。
  4. 迷惑メール業者が名簿業者からメールアドレスを購入する。
    上の2、3でメールアドレスを収集した名簿業者が売るんです。
    対処 フリーアドレスを複数持ち、捨てアドを用途に応じて使い分ける。

対処法は重なりますが、極力本アドは使わないということです。
フリーアドレスだったら、また取得すれば済む話ですからね。

ちなみに、
本アドとは、プロバイダーや携帯キャリアのメールアドレスです。
フリーアドレスとは、インターネット上で無料で取得出来るメールアドレスです。
捨てアド フリーアドレスなど、捨てても構わないメールアドレスです。

 

おすすめのフリーアドレスは?

無料でフリーアドレスを取得出来るところは無数にあります。
しかし、迷惑メールのフィルタリング、使い勝手、パソコンのメーラーとの相性からいうと、おすすめは限られます。

その中でも、Yahoo!がおすすめですね。

Yahoo!のフリーアドレスの便利なところは、セーフティアドレスがあるところです。
フリーで取得したアドレスの他に、無料会員だと10コ違うアドレスを取得できるんですね。
Yahoo! BB会員、セキュリティーパック購入者だと、30コのセーフティアドレスを取得できます。
つまり、Yahoo!1アカウントで11コ~31個のアドレスが使えることになります。

例えばABC@yahoo.co.jpでフリーアドレスを取得。
その他にXYZ-1~10@yahoo.co.jpというセーフティアドレスがつくれます。
XYZ-twitter@yahoo.co.jp
XYZ-facebook@yahoo.co.jp
XYZ-amazon@yahoo.co.jp
XYZ-suteado1@yahoo.co.jp
XYZ-suteado2@yahoo.co.jp
なんてことも出来るということです。

まず、Yahoo!のアカウントを取得してください。
取得後、Yahoo!Japanの右サイドバーのメールから入ると、右上に「設定その他」があります。
メールの設定→メールオプション→セーフティーアドレスから設定できます。

その他にもGoogleやgooもおすすめです。
この2つは迷惑メールのフィルタリングが優れています。

もし、ウェブ上でメールアドレスの登録が必要な場合は、基本はフリーアドレス。
それも、信用出来るまでは捨てアドで登録するのが迷惑メールを防ぐ1番の方法です。

コメントを残す