なぜ悪質出会い系サイトがサクラサイトで迷惑メールをよこすのか?

このサイトでは、悪質迷惑メールを送ってくる出会い系サイトを
全て悪質出会い系と定義しています。

そして、悪質出会い系はサクラのいるサクラサイトと決めつけています。
それはなぜかというと、
サクラを置かないとサイトが維持できないからなんです。

このサイトで超優良出会い系サイトを紹介していますが、
どのサイトも月に1千万単位で集客にお金を使っています。
雑誌媒体の広告料、ティッシュ配り、紹介手数料、
もろもろで月に数千万は使っているんですね。

それでも400万人以上の会員がいるから月に億単位の売上があるんです。
運営も10年以上掛けて、信用をつくり、
全国規模で会員を増やしてきたから成り立っています。

 

悪質出会い系が迷惑メールを配信するサクラサイトの理由

新たに出会い系サイトを作るとします。
しかし、売上も無いのに広告費にお金なんてかけれませんよね。
でも、会員が少ない出会い系サイトなんて誰も使いません。

あなたの住んでる地域に会員がいないんだったら、
入会なんてしませんよね。

そうすると入会した会員に、
いかにも他に会員がいるように見せ掛けなければなりません。
そこで、サクラの出番になるんですね。

サクラとは、出会い系サイト側が雇ったメール返信要員です。

サクラを使った悪質出会い系サイトでは、
新たに会員が入ると、何人ものサクラが直ぐにメールを送ってよこします。
それで、返信させるようにするんですね。
最初に無料のポイントがあっても、あっという間に有料になります。

悪質出会い系サイトでは、料金も高額です。
利用者が少ないのもありますが、
どんどん騙して稼げるだけ稼ぐ。
サクラの給料もあります。

集客の手段はというと、
雑誌になんか広告を載せれませんよね。
まして、使用料が高額です。広告をのせても、
実態がぼったくりだったら誰も使ってくれません。

集客で1番お金が掛からないのが迷惑メールです。
メールアドレスを名簿屋などの業者から購入して、
無差別にメールを送ってよこします。
そして、メールもただの広告だったら、誰もサイトを訪れてはくれません。

だから、客を引っ掛けるフックを
メールのタイトル、内容にいれてくるんですね。
エロ、だまし、架空請求、芸能人のなりすまし、副業など、
なんでも有りになってきます。

 

迷惑メールを送ってくるところは悪質出会い系サイト

真面目に出会い系サイトを作ろうとしても、
サイトを維持するために、サクラを置いて、
迷惑メールをよこして、悪質出会い系サイトになる場合もあります。

でも、サクラサイト商法の出会い系が、
儲かるからと最初からサクラを使った詐欺サイトを
作るところのほうが圧倒的に多いんですけどね。

中には本当に優良サイトを作ろうとしているとこもあるかもしれません。
でも、そういったところは間違っても迷惑メールは送って来ませんよね。

なので、迷惑メールを送ってくるところは
間違いなく悪質出会い系サイトだということです。

わざわざ遠回りして、時間とお金をつかうんだったら、
最初から超優良出会い系サイトを使ったほうが間違いありません。

 

本当に出会えて信用出来る超優良出会い系ランキングはこちらから

コメントを残す